予約システム導入のきっかけ | ホテルにオンライン予約システムを導入する場合のポイント

Home » ホテル予約システム » 予約システム導入のきっかけ

予約システム導入のきっかけ

出張、旅行、その他の用途でもホテルを利用する際には現在ではスタンダードな存在となった「ホテル予約システム」ですが、その歴史は意外にも浅く、今では大手といわれるインターネットでの巨大予約システムサービスサイトもリリースは四年前と最近のことでした。

この予約システムは、インターネット上で宿泊のプランを全て決定することができ、利用者にとっては空いている日にちがすぐに分かる、複数のホテルを予約する際個別に連絡する手間が省ける、ホテル側の営業時間を考えずにいつでもどこからでも予約することができるというメリットがあります。
何より、このサービスはほとんどの場合で無料の利用が可能です。
こうした側面から、近年急速に利用率が伸び、予約のときには当たり前の存在になった予約システムですが、導入のきっかけとはどういったものだったのでしょうか。

予約システムが生まれ、すぐに世間に受け入れられるようになったきっかけの一つとしてサラリーマンの出張があります。
出張の機会というのは突然やってきて、土地勘の無い場所での宿泊を余儀なくされます。
一昔まえには、泊まる場所がないために公衆電話で片っ端から電話を掛け宿を探すサラリーマンの姿はよく見かけられたものです。
そしてホテル側も2008年のリーマン・ショックを受け、どの企業も存続の危機にあり、新たな手法で生き残らなければならなくなりました。
この利用者の声とホテル側の顧客勧誘がぴったりと合致するのが宿泊予約システムだったのです。

こうした利用のしやすさと共に、導入を手助けしたのがその先の2010年から起こるスマートフォン利用率の急増です。
スマートフォンになり、ポータブルにインターネットを使う環境がぐっと改善され、予約システムも同じように使いやすくなりました。また、スマートフォンは出張するサラリーマンにとって移動中の必需品であり、必然的に予約システムが目に触れるということもあったようです。

こうした導入のきっかけで予約システムは現在、興隆期を迎えました。

ホテル予約システム