ネット予約の割合 | ホテルにオンライン予約システムを導入する場合のポイント

Home » ホテル予約システム » ネット予約の割合

ネット予約の割合

ホテルの予約の際、従来の方法では電話での予約がほとんどでした。
割合としてみて90%が電話、その他は定期的な予約や旅行会社を窓口としての仲介予約などに分けられます。

現在ではインターネットからの予約利用率が70%から90%といわれています。
ネット予約システムは近年さまざまなサービスが多用化してきて、いろんな事業で展開がされています。
予約といえばネット、と考えられている方も多いのではないでしょうか。
その中でもホテルの予約はもっともネット予約が成功し、今ではなくてはならない存在と言われています。

ネット予約がこうしてホテルの予約としてスタンダードな存在になっていった理由の一つとして、団体での予約が簡単ということがあげられます。
団体の予約はとにかく空き室の数を多く求められるため、なるべく早い予約が必要です。
そして数多くのホテルを比較し、利用者に沿ったホテルを探さなければなりません。
この比較や予約の手軽さ、また客室の空き状況がいち早く分かるのがネット予約だったというわけです。

ネット予約の割合が高いとされるホテル業界では、気をつけなければならないことがあります。
それはインターネット上で交わされる口コミです。
ネットの情報は現在では過多状態にあるといってもいいほど、情報であふれています。
こうした中での一言でもネガティブなイメージがつくと、長い間それはネットに情報として残り、その後の予約に影響します。
そのため、ネット予約を導入するためにはホテルの質を高めることも重要です。
なかにはネット予約を導入してからこうした側面を考えるホテルが増えた、という利用者もいるため、ネット予約自体のイメージはいいとされています。

ホテル予約システム