予約システムと客室稼働率 | ホテルにオンライン予約システムを導入する場合のポイント

Home » ホテル予約システム » 予約システムと客室稼働率

予約システムと客室稼働率

ホテルの運営において、客室稼働率が高ければ高いほど運営が上手く回っているとされます。
客室稼働率とは、簡単にいえば空いている部屋がなく予約が常にいい具合に継続しているということにあります。

予約システムとこの客室稼働率は密接に関係しています。
そもそも、この予約システムとは客室稼働率の向上において大きく影響してきました。
まずホテルを選ぶ際に、ビジネスホテルを探す場合であれば価格の安さや立地条件、何よりも予約日直前になっても空室があるのかといったところが決め手になります。
しかし、予約希望の段階でシステム化がなされていない場合に部屋が埋まっているのかどうかも分からず、予約につながらない場合がほとんどだったのです。

これが短時間で分かりやすく利用できるように、と作られたのが予約システムです。
予約システムの導入により客室稼働率はあげられるようにできてきます。
特にホテル側が何もしなくても予約が詰まってくる繁忙期では、この予約システムが利用者にとって好都合になります。
シーズンによっては激戦となる時期にはシステムでの予約は料金が先に支払うことができたり、随分と前からの予約もでき、その分長期的にホテルを吟味する時間も生まれます。
こうすることで繁忙期でも利用者が選出したホテルを利用することになり、ホテル側は狙った客層が顧客として来店することが多くなりました。

また繁忙期外での客室稼働率にもシステムは関係します。
空室であることを利用者にアピールできるため、予約につなげることができます。
混雑具合を利用者に提示することでこうした利用のしやすさに加え、予約に至るまでのフェーズを短くできるという利点もあります。

ホテル予約システム